お任せ下さい!労務トラブル相談|横浜の社会保険労務士法人D・プロデュース

社会保険労務士法人D・プロデュース HOME >
労務トラブル相談

労務トラブル相談

トラブル発生!!困ったときは専門家に相談しよう!

労働トラブルが起こった時に、誤った対応や法律を無視した対応をしてしまうと、問題が深刻化してしまうだけでなく、余計なリスクを背負うことになってしまいます。
当社の今までの経験では、感覚的・感情的な対処をしてしまい、後になって頭を抱える経営者は少なくありません。
特に「解雇」「賃金」「残業問題」「メンタルヘルス」「パワハラ・セクハラ」どで労働トラブルは急増しており、裁判になったり、慰謝料を請求されたりといった事例は多く聞かれます。

まずは、迅速な対応を心がけることです。企業に人がいる限り、程度の違いはあるにせよトラブルは起こりうるものなのです。問題が起こってから慌てて相談先を探していては迅速な対応ができません。日頃から適切なアドバイスをもらえる専門家がいれば、思いがけないトラブルが発生しても慌てることはなくなります。

「自分の会社は大丈夫」と安心していませんか?

現在、行政サービスとして、各都道府県労働局・労働基準監督署内・駅近隣の建物などに、労働問題に関するあらゆる相談にワンストップで対応するための総合労働相談コーナーが設置されています。ここに寄せられた相談件数は年々増加傾向にあります。

平成20年度個別労働紛争解決制度施行状況

【出所:厚生労働省(平成24年度個別労働紛争解決制度施行状況)】
※上記画像はこちらから引用しています。

総合労働約106万件(前年対比3.8%減)
相談件数
民事上の
個別労働
約25万件(前年対比0.6%減)
紛争相談件数
助言・指導約10,300件(前年対比8.1%増)
申出件数
あっせん申請約6,000件(対前年比7.1%減)
受理件数

特に相談内容が多い項目は、「解雇」・「給与など労働条件の引き下げ」・「セクハラなどいじめ・いやがらせ」・「採用内定取消」・「育児介護休業」などになります。

会社に求められている安全配慮義務・適正な労働時間管理義務は厳格化されてきています。このような現状の中、「自分の会社は大丈夫」と安心していませんか?

よくある労働相談のご紹介

ここでは、当社が労働相談を受けた会社の具体的な相談内容とお答えしたアドバイスをご紹介いたします。現場で起こった実際のケースになりますので、是非ご参考にしてください。

トラブルは未然に防ぐもの、予防が大切

産業界を取り巻く労働環境は日増しに厳しくなっています。「優秀な人材の定着」・「良好な職場環境の維持・構築」・「処遇(給与など)の改善」・「残業代の管理」・「メンタルヘルス(健康管理)」などは、会社を存続するうえで潜在的な問題として影を潜めているのです。

当社とお付き合いいただいている会社の中には、潜んでいる問題を顕在化させない努力をしているところが少なくありません。そのような会社は、社員の満足度が高い会社を目指しているわけです。

このような経営者は、自ら「将来はこういう会社を目指したい」と発言し、また社員には「あなたはこの会社で何をやりたいか?」と聞いています。社内で十分なコミュニケーションをとっていることなります。
「適正な労務管理(労働時間や有給休暇などの管理)」というハード面だけでなく、「良好な職場環境の維持」というソフト面にも力を入れることが、無用な労働トラブルを避ける一番の近道となるのです。

  1. サポートスタッフ募集中
  2. お問い合わせ -inquiry-
  3. オフィシャルブログ -official blog-
  4. スタッフ・コラム -staff column-

最新情報を会員様へお届け!無料メルマガ登録

Dプロデュースが運営する企業・人事総務担当者様向けメルマガ登録(無料)!労働法・社会保険の最新ニュースをお届けします!





>>利用規約を読む

SPR認証

当社は全国社会保険労務士会連合会より個人情報について適切な取り扱いが行われていることの認証を受けています。